刺しゅうしてみる?.com

~ 普通のOLたちが発信する、ししゅうのあれこれ ~

ブログタイトル

立体刺繍風に挑戦 ~のらしver~Vol.2

ブログランキングに参加しました。 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

「TL」、「RT」、「DM」、「ww」、「リプ」、「個チャ」etc

SNSであふれる言葉たち・・・

本当は良くわからないのに、わかっているフリをして過ごしているのらしごとですww

 

さて、前回試行錯誤しながらもなんとか仕上げた刺しゅうピアスですが、

embroideryplay.hatenablog.com

まだまだ改良したい点があったので、今回やってみました!

 

①裏の白フェルト丸見え問題

接着剤で張り付けたフェルトが幅を利かせております。

f:id:embroideryplay:20190529101001j:plain

前回の裏側

【解決策】

ブロッコリー:裏に緑のフェルトを貼ってみた 

*エビお寿司:反転させたエビお寿司を貼ってみた

f:id:embroideryplay:20190617143842j:plain

裏側

前回よりもいい感じ!

 

②側面にも刺繍を施したい問題

やっぱりこっちも気になります。

f:id:embroideryplay:20190617153747j:plain

前回の側面

【解決策】

*刺しゅうデータをちょこっと触ってみた

f:id:embroideryplay:20190617144756j:plain

今回

どうでしょうか?

横からみてもエビの柄とブロッコリーの緑が見えるようになりました!

そして、完成したイヤリングがこちら!!!

f:id:embroideryplay:20190617151118j:plain

今回は、イヤリング

上からもどうぞ

f:id:embroideryplay:20190617150332j:plain

上から見た図

完成ーーーーー!!ということにしますっ!

 

 

さて、前回の『立体刺繍風に挑戦』の後、弊社スタッフからアドバイスをもらいました。

その名も、『刺しゅうしてる最中にフェルトを置いちゃう作戦!

 

どうするのかと言うと・・・

【準備】

①彩(SAI)で縫う際、縫い色順を決める場面があるのですが、機械を一度止めたい糸(針/色)の後に、画面赤丸をぽちっとします。

今回は2色目の後にストップさせたいので、このようにします。

f:id:embroideryplay:20190617154640j:plain

彩のモニター画面

②すると、画面赤丸の様に印が入ります。

f:id:embroideryplay:20190617154940j:plain

ストップマーク

これで、準備はOK!

(何この便利な機能!!)

 

【縫い作業】

①縫います。

2色目でストップをかけているので、自動で一旦止まります。

f:id:embroideryplay:20190617155214j:plain

でんでんむし カタツムリ

 

②茶フェルトを置いて、動かないように軽くとめておきます。

f:id:embroideryplay:20190617155420j:plain

軽くとめておく

 

③フェルトを置いたらまたポチっとスタートさせます。

f:id:embroideryplay:20190617155503j:plain

ぽちっとな

④縫い終わりました

f:id:embroideryplay:20190617155323j:plain

縫い終り

 

【仕上げ】

①こんな感じに縫いあがりました。

f:id:embroideryplay:20190617155657j:plain

フェルトの影からこんにちは

②ヒートカットします。

まずは、茶色のフェルト(甲羅部分)のみカットします。

その後、初めに縫った(本体部分)ものもヒートカットします。

f:id:embroideryplay:20190617155903j:plain

準備万端

③完成

f:id:embroideryplay:20190617160020j:plain

不器用は見逃してぇーーーー

不器用は見逃してぇーーーー(/(エ)\)下さいませ・・・

(手が滑って甲羅部分に傷が・・・)

 

と、エビお寿司もこの方法で作ってみました。

再度申し上げますが、不器用は大目に見て下さいませ・・・

f:id:embroideryplay:20190617161623j:plain

正面

f:id:embroideryplay:20190617161640j:plain

斜めショット

f:id:embroideryplay:20190617161707j:plain

後ろも見せちゃう

この方法で作るとより一体感が増します。

*カタツムリは、ワッペンを作る方法としても使えますねぇ

*エビお寿司のエビ部分は2回同じように縫ったのでより厚みが増します。

 

今回は、あくまでも『風』にチャレンジしてみましたが、いつか本当の立体刺繍(3D刺しゅう)にもチャンレンジしてみたいと思います!

 

f:id:embroideryplay:20180727152843p:plain